1. HOME
  2. マネープランニングQ&A
  3. 投資・運用(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

そもそも何故投資・運用が必要なのですか?

貯蓄を減らさないだけであれば、投資運用をする必要はなく、安全な預貯金やタンス預金をしておけば十分です。しかし、お金自体に価値はなく、あくまで物やサービスとの交換手段ですので、物の価値が倍になれば相対的にお金の価値は半分になってしまいます。
また、円の価値が下がれば、世界的には円での購買力(円の価値)が低下してしまいます。

すなわちタンス預金や預貯金だけの場合、投資しないリスクを抱えてるということです。よって資産を分散(アセットアロケーション)する事により、リスクを分散させる必要があるわけです。

このページの先頭へ

リスクという言葉をよく耳にしますが・・・

我々の日常生活では、リスクとは『危険』と介され悪いイメージが湧いてきますが、金融におけるリスクとは、期待値や基準値からのバラツキで、マイナスだけでなく、プラスにぶれる事もバラツキです。

投資運用では、運用スタイルや投資商品のリスクを的確に知り取るべきリスクについては受容する事が大切です。

このページの先頭へ

老後資金が足らない場合は、積極的な投資が必要ですか?

確かに運用利回りを高くすれば貯蓄高が増え、老後資金を賄えるかもしれません。しかし、バランス良く分散投資をせずに、高利回りが期待できる商品にのみに投資してしまうと、同様に元本を下回るリスクも大きくなるので、どうしようもない状態になってしまいます。

人生はギャンブルではありませんので、まずは支出の削減、収入のアップ、制度の利用など確実に実現できる事を追求する必要があります。

このページの先頭へ

金利が高い外貨預金などをメインにした方がいいですか?

利息を考えると金利が高い商品の方が良いですが、そんなに甘くはありません。円→外貨に換えたり、外貨→円に換える手数料がかかったり、換金時には為替リスクが発生したりします。さらに、通常金利の高い通貨は、通貨価値が低くなりますので注意が必要です。

よって、あくまでもリスク分散におけるひとつの手段として活用することをお奨めします。

このページの先頭へ

お奨めの投資スタイルを教えてください。

(1)中長期の運用、(2)バランスの良いアセットアロケーション(分散投資)、(3)余裕ある資金計画に基づいた運用スタイルを推奨致します。そして、定期的にバランスを見直していくことが大切です。投資に限らず何についても継続することが大切ではないでしょうか。

このページの先頭へ

株と投資信託、どちらで運用するほうが良いですか?

投資信託はプロ(ファンドマネージャー)に運用をまかせる為、日々信託報酬が取られますが、株の方は保有時の手数料がかかりません。(※ただし、売買手数料はかかります。)

しかし、株の場合は自分で銘柄を選ばなくてはならず、選択に要する時間がかかります。更には通常、100株や1000株を1単元とした単元単位での購入となり、1銘柄に対し多額の資金を要するため銘柄分散が難しくなります。

よって銘柄の選択をプロにまかせたい方や分散投資をしたい方は、信託報酬をそのサービスの対価と思い、投資信託を選択した方が良いかもしれません。一方、分散投資する資金が十分にある方やご自身で企業を選別したい方は、ミニ株などを利用して株を分散保有するのも1つです。

このページの先頭へ

  • ご安心いただくための取り組み
  • FP事務所Tomorrowを推薦します
  • セミナー講師・講演のご依頼について
代表FPブログ等
講師養成講座~人気講師への道~
講師力をアップして、講演依頼やリピーターが増える人気講師になるための方法などを伝授します。
プロ直伝!生命保険講座
しつこい勧誘・営業を一切せずに、中身勝負で築き上げた豊富な経験と知識がウリのFPが、役立つ生命保険の知識を伝授します。
SG大阪バラエティライブ
FPを中心に、約20名にものぼるメンバーが、それぞれの得意分野などの情報を発信しています。
Facebook
Facebookを始めました。私を知っている方、お気軽にお声かけ下さい!
FP_tomorrowをフォローしましょう
気が向いた時につぶやいています。ツイッターで知りあってお会いしたりする事もあり、時代の変化を感じます。こちらもお気軽に!

このページのトップへ