1. HOME
  2. マネープランニングQ&A
  3. 教育資金(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

奨学金(日本学生支援機構)を借りれば学費を賄うことはできますか?

入学後の資金については奨学金で賄う事ができます。しかし、入学前の資金(入学金ほか)については、学校へそのお金を納付する時期にはまだ奨学金が振り込まれないので、別途準備する必要があります。

最近は昔に比べて推薦入試が増えてきているので、年内に入学前の資金が必要になるケースも多いのでご注意ください。

このページの先頭へ

奨学金(日本学生支援機構)はどこで申し込めばいいのでしょうか?

高校在学中に申し込む予約採用については、高校3年生の春(4月~6月ぐらい)に高校を通じて申し込む事になります。一方、進学後に申し込む場合は、進学先の学校の事務課などで申し込むことになります。

このページの先頭へ

奨学金(日本学生支援機構)は必ず借りる事ができるのでしょうか?

必ず借りれるわけではありません。親が一定の所得以内である所得基準学力基準などをクリアした場合に借りる事ができます。無利息の1種奨学金の場合、学力基準が厳しく、申請者の多くが不採用となりますが、利息がかかる2種奨学金については、学力の基準といっても形式的な程度ですので、借りやすくなっています。

また、進学した学校で申し込む場合は、その学校に学生支援機構から与えられた枠があるため、借りれない事もありますので、自己資金に不安がある方は高校の時に申し込む予約採用をお奨めします。

このページの先頭へ

奨学金(日本学生支援機構)の予約採用を申し込んだ後、キャンセルすることは可能ですか?

可能です。 また、金額の変更なども可能です。

このページの先頭へ

日本学生支援機構以外には、どんな奨学金があるのでしょうか?

都道府県が行っている奨学金、民間の団体などが行っている奨学金、大学などが独自に行う奨学金がありますが、いずれも日本学生支援機構の奨学金に比較すると、審査基準が厳しく借りれる金額や採用人数も少ないのでご注意ください。

このページの先頭へ

日本学生支援機構の奨学金を借りるには保証人が必ず必要ですか?

保証人がいなくても機関保証制度を活用することにより借りることはできます。ただし、毎月受け取る奨学金から保証料が差し引かれます。

このページの先頭へ

教育ローンを借りる際の注意点を教えてください。

奨学金と異なり、与信審査の中で返済能力が問われるため、審査が通らないことがあります。よって、金融機関等に早めに相談・申し込みをすることをお奨めします。もし借入が不可能なら、他の手段を検討しなくてはなりません。

このページの先頭へ

教育ローンと奨学金の違いって何ですか?

大きな違いは、奨学金は(進学者)が借りてが返す制度で、一方教育ローンは原則が借りてが返す制度であることです。

あと、奨学金が入学後に毎月一定額が振り込まれるのに対して、教育ローンは一括で借りれる点が重要な違いです。Q1の回答とおり、奨学金では入学前にかかる費用を賄うことはできませんので、入学金等が工面できない場合は、一括して借りれる教育ローンなどを活用することになります。

このページの先頭へ

教育ローンを事前に申し込むことはできますか?

金融機関によっては可能です。日本学生支援機構が行っている『国の教育ローン』でも、試験の2-3ケ月前に申し込むことができますので早く申し込んでください。Q7の回答にあるとおり、教育ローンでは審査が通らないこともあるので、できるだけ早く申し込んで、万一審査で不可となった場合は、早急にその他の手段を検討して下さい。

このページの先頭へ

日本政策金融公庫の国の教育ローンが一番有利なのでしょうか?

日本政策金融公庫の教育ローンは国の教育ローンというだけあって、金利が低いのが特徴です。ただし、保証人がいない場合は保証料を取られますので、その場合は、無担保の教育ローンの方が有利なこともあります。

このページの先頭へ

子どもが生まれたら学資保険は必要ですか?

必ず加入する必要はありません。ただし、進学時期は決まっいて先延ばしはできませんので、学資保険の他、終身保険や安全性の高い投資商品などを活用し、分別管理することを強くお奨めします。

なお、学資保険のウリの1つは保障機能ですが、既に加入している保険や遺族年金で学費分の保障を補えるのであれば、学資保険の保障機能にこだわる必要はありません。

このページの先頭へ

学資保険の満期前に入学金等の支払いが必要になるのですが・・・

最近は昔に比べて推薦入試が増えてきているので、年内に入学前の資金が必要になるケースも多く、学資保険の満期よりも早くお金が必要になることがあります。

つなぎ融資で他のローンを申し込むのも1つですが、手間やコストや利息がかかりますので、この場合は学資保険の解約を検討して下さい。満期手前であれば、それほど解約による損もないでしょう。

このページの先頭へ

教育資金の準備や各種制度活用において大切なことを教えてください。

プランニング自体も大切ですが、やはり家族でよく話し合うことが大切ではないでしょうか。親としては、子に金銭面の心配をさせたくないところでしょうが、昨今の経済環境は厳しく、奨学金の活用など子の協力がいる事もあります。

また、進学自体についてもしっかりと考えることが大切です。「借りれるから進学するのではなく、進学するために借りる」、すなわち将来の夢や目標のために制度を使うといった事が大切です。せっかく進学しても途中で辞めてしまうと奨学金の返済や教育ローンだけが残ってしまいます。

このページの先頭へ

  • ご安心いただくための取り組み
  • FP事務所Tomorrowを推薦します
  • セミナー講師・講演のご依頼について
代表FPブログ等
講師養成講座~人気講師への道~
講師力をアップして、講演依頼やリピーターが増える人気講師になるための方法などを伝授します。
プロ直伝!生命保険講座
しつこい勧誘・営業を一切せずに、中身勝負で築き上げた豊富な経験と知識がウリのFPが、役立つ生命保険の知識を伝授します。
SG大阪バラエティライブ
FPを中心に、約20名にものぼるメンバーが、それぞれの得意分野などの情報を発信しています。
Facebook
Facebookを始めました。私を知っている方、お気軽にお声かけ下さい!
FP_tomorrowをフォローしましょう
気が向いた時につぶやいています。ツイッターで知りあってお会いしたりする事もあり、時代の変化を感じます。こちらもお気軽に!

このページのトップへ